2011/06/13

朝日連峰 祝瓶山















6月12日(日)
岩場の雪はすっかり落ち、不要の物と承知で重いシモンのピッケルを背負う。前回の山行で不評の鋲付長靴で歩き出し、何時もの通り最後の沢で水筒を満たせば喘登の尾根に乗る。ブナ林を抜け、通称馬の背辺りより景観が広がるのであるが今日は狭く楽しみも無いゆえ、距離を済し崩すのみであり、岩場に鏡石を見れば急登一投足で山頂に出た。同じルートより1名、鈴振り尾根と赤鼻尾根より各1名の登山者と会う。ブヨの大群に弁当もそこそこに赤鼻尾根に尻尾を巻く。そこは、ヒメサユリのつぼみロードで気を良くし、最後の話は一通りの山菜を収め、桑住平から重くなったザックに閉口した。

0 件のコメント:

コメントを投稿