2010/01/20

朝日連峰 白太郎山












1月18日(月)
白太郎山は何人の足跡をも着けず、まっさらな雪上にはNさんのトレイルのみが、モノクロの世界を彷徨するが如く延びて行く。雪にひしゃげるブナの枝梢が、美しくも、悲しくもあり自然の非情を感じる。後を追う者は幾度も立ち休みを繰り返しタバコをくゆらすも、渋る樏を前に出せばブナを抜く山頂で、そこに、ビール片手にNさんが待っててくれた。展望皆無の山頂ではあるが「近くてよき山」と共感せり。下りは早く、またたく間に稜線は後方へ、そして高くなりゆき、麓へ下れば満ちたりた山となるも、徹頭徹尾、ラッセル泥棒の雪山であった。

0 件のコメント: